Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

スマートマスタリングは、MarkLogicデータハブの一環として、異なるソースからのデータをマッチ&マージするという課題を取り扱います。従来、この課題はマスターデータ管理(MDM)ソリューションによって扱われています。しかし、長年使われてきている従来のMDMソリューションは、変化し続けるビジネス要件や多様なデータへの対応に時間がかかり融通が利きません。

MarkLogicデータハブフレームワークの機能の1つであるスマートマスタリングは、これまでとは異なるアーキテクチャや手法でデータの質を改善し、ガバナンスを強化し、ビジネスバリューを生み出します。私たちの技術では、事前定義されたスキーマやETLがなくても分散するサイロからのデータを読み込むことができます。特許取得済みの検索インデックスを利用することにより、MarkLogicはサイロに分断されていたあらゆるデータソースに対して容易にクエリを実行できます。大きな初期投資なしで、データの質の改善、オーナーシップの割り当て、データアセットの収益化などを同一のプラットフォームで実現できます。


This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.