MLTV now live! New videos, new content hub.

データハブとは何でしょうか。またそれによってデータ統合がどのようにシンプルになるのでしょうか。本書は、エンタープライズアーキテクト用の包括的なガイドであり、データ統合の過去・現在・未来を細かく見ていきます。従来のデータ統合手法により、どのように技術的負債が累積したのか、また新しいアプローチであるデータハブによりアーキテクトが求めていたものが実現されることについて確認していきます。データハブの原則のご紹介に加えて、「部署エンティティ」対「企業エンティティ」、反復的なデータのハーモナイズ、セマンティックなデータモデリングについても解説します。また、さまざまな業界でデータハブがどのように利用されているのかを、詳細なケーススタディでご紹介します。

この90ページの電子書籍(日本語版)は、データハブの構築および利用に関する、最も信頼できるガイドブックです。企業内でデータ統合ソリューションを担当するアーキテクト必読の書です。

This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.