Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary
ベストデータベースセキュリティソリューション部門で唯一のエンタープライズデータ管理プラットフォーム
 

*本資料は、米国カリフォルニア州にて2019年12月5日(現地時間)に発表したプレスリリースの日本語抄訳版です

複雑化するデータ統合をシンプルにするための次世代型データプラットフォームを提供するMarkLogic Corporationはアワード「The SC Magazine 2020 Trust Awards for Best Database Security Solution」のベストデータベースセキュリティソリューション部門のファイナリストに選出されました。
本アワードを主催するSC Mediaは31年にわたってサイバーセキュリティ業界のリーダーであり、そのアワードはビジネスおよび顧客の保護に関するベストなソリューションを対象としています。

MarkLogic®が本部門における唯一のデータベースであることからもわかるように、MarkLogicのデータセキュリティは以前から重要な機能であり、後付けされたものではありません。
MarkLogicのデータセキュリティは、従来のような外部からの防御あるいはネットワークレベルから、データレベルにまで高められています。
これにより、企業はデータ共有のリスクを抑えながら、業界をリードするような意思決定を促進するデータインサイトを活用できます。

MarkLogicの製品担当上級副社長であるジョー・パスクワは次のように述べています。
「現在MarkLogicデータベースには、世界でも最も機密性が高い情報のいくつかが格納されています。
このため私たちはセキュリティおよびプライバシーに極めて真剣に取り組んでいます。このようなこともあり、ベストデータベースセキュリティソリューション部門のファイナリストとなったことを誇りに思います。
MarkLogicでは『セキュリティ』を、情報をしっかりと囲い込むだけのものだとは考えていません。セキュリティは情報を安全に共有し、ビジネス価値を最大限に高めるためのものなのです。また、安心してさらに多くの作業をクラウドに移行できるためのものでもあり、これはどのような企業にとっても重要なのです」。

MarkLogic 10は最もセキュアなNoSQLであり、リスクを抑制しながら共有を促進できますが、それを実現するために以下の機能があります。

  • きめ細かなアクセス制御、匿名化、リダクション、高度なデータ暗号化、キュレーション済みかつガバナンスが効いたデータ、適切な人にのみへのデータの表示。
  • あらゆるクラウド環境およびオンプレミスで利用でき、最適だと思われるタイミングおよび方法でデータのインフラをモダナイズ可能。
  • NoSQLデータベースとして唯一、コモンクライテリアセキュリティ認証を受ける。
  • 要素レベルのセキュリティ認証により、データセット内の特定の要素に対してアクセス制御を設定可能。
  • データ暗号化のために、高速な鍵のローテーション(Fast Key Rotation)を実現。

なお、「SC Magazine award」の受賞者は、2月25日の「SC Magazine Gala」(於:インターコンチネンタルサンフランシスコ)にて発表されます。
また、MarkLogic 10の詳細については、https://jp.marklogic.com/にて確認できます。

© 2019 MarkLogic Corporation. MarkLogicならびにMarkLogicのロゴは米国およびその他の国におけるMarkLogic Corporationの商標または登録商標です。

About MarkLogic

MarkLogic helps customers create value from complex data faster. Our platform ingests data from any source, creating and refining metadata to support powerful models. Customers use these models for deep search and query, building enterprise applications and bringing unique insights to analytics and machine learning.

This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.