Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

※本記事は2020年2月13日 保険毎日新聞に掲載された寄稿記事を、許可をいただき転載しています。

「レガシーシステムからの脱却」

ここ数年、フィンテック(FinTech)の中でも、最大の関心を呼んでいるのがインシュアテック(InsurTech)だ。
インシュアテックとは、さまざまな形でITやデータを駆使し、新たな価値提案を行う取り組みを指す。
例えばアジアやアフリカの新興国の保険会社は、スマートフォンやタブレットといった最新機器にも迅速に対応するなど、ITやデータを駆使した新しい保険スタイルを提案している。
一方で日本の保険会社では「レガシーシステムを手放せず最新のITやデータを十分に利活用できていない」という声をよく耳にする。
そこで本連載では、保険請求処理、リコンサイル業務などさまざまな角度を通じ、レガシーシステムからの脱却の必要性を5回(月1回掲載)に分けて紹介する。

ご存知の通り、インシュアテックとは保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)を掛け合わせた造語で、インステックと呼ばれることもある。
具体的には、テレマティクス保険や健康アプリと組み合わせた生命保険といった新しい保険商品の開発・提案のほか、蓄積されたデータを活用したリスク評価や査定、不正検出、迅速な業務プロセスの実現など、さまざまな形でITやデータを駆使し、新たな価値提案を行う取り組みを指す。

デジタルやデータは、もはや事業を推進するための原動力なのだ。特にデータは、今後の新たな価値提案の原石となる最重要資産といえる。
ただ、データも原石と同じで、そこに転がっているだけでは何も生み出さない。原石を磨いて宝石にするように、データから有益な情報を見つけ出すためのITが必要だ。
この仕組みをIT業界ではシングルカスタマービュー(SCV:SingleCustomerView)と呼んでいる。
SCVとは文字どおり、顧客の姿を360度多方面から眺め、分析し、データから新たな価値創出の種を見つけ出すワンストップの「顧客ビュー」のことだ。

ところが既存の保険会社の動きを見ると、実際にSCVの準備ができている企業は非常に少ない。
マークロジックとResearchinInsurance(Rii)が2019年6月に発表した調査結果によると、あるグローバル専門保険会社のチーフディレクターは「データは業務の副産物として生成されるもので、中核的な役割を担うものではなかったが、状況は変わりつつある」と述べている。ただ、それを活用しきれていないのだ。その理由として、大きく以下3点の課題があることが分かった。

①ビジネスプロセスの再設計が必要
②データが複数の古いデータベースに散在している
③データを活用できるデータ統合プラットフォームが無い

Q:SCVは組織にとってどの程度重要であるか(図1)

図1 : マークロジックとResearch in Insurance(Rii)が2019年6月に発表した調査結果より

歴史ある保険会社は、膨大なデータを持っている。だが、ビジネスを推進する中で、あまりにも多数の古い務システム(レガシーシステムとも呼ばれる)やデータベースが積み上がり、もはや簡単には動けない巨大タンカーのようになってしまっている。
こうしたレガシーは古過ぎて最新のテクノロジーに対応もできず、孤立(サイロ化)するだけだ。
一方、新興保険会社はそうしたレガシーシステムのしがらみは一切なく、高速船のように保険業界の海を自由に往航できる。
皮肉なことに、歴史ある保険会社ほど、データの存在自体がデジタル変革の阻害要因になっているわけだ。

ただ、時代に合わせた新たな価値を提案するには、データの存在が不可欠だ。
前述の調査で「SCVは組織にとってどの程度重要であるか」(図1)との問いに対して、「SCVが必要」という回答は70%で、役員や経営陣ほど強くその必要性を訴えている。
一方、「企業全体のデータを一元的に活用できるか」という問いに対しては、「基本的に困難である」との回答が40%を占めた。
「SCVを構築する際の障壁」(図2)を問いに対しては「システムの複雑さ」(55%)、「組織全体のデータを統合できない」(34%)という回答が多い。

つまり既存のレガシーシステムが原因で、来るべき時代の変化に対応できない姿を垣間見ることができる。
従来ならそれでもビジネスは可能だったが、新興国や新興保険会社のもたらすインパクトが日に日に強まっている今日、レガシーシステムは今後のビジネスの足かせになりかねない。
次回以降の連載ではさまざまな角度を通じ、レガシーシステムからの脱却の必要性を説いていきたいと考えている。

執筆者:三浦 デニース
MarkLogic Corporation アジアパシフィック & ジャパンセールス バイスプレジデント
兼 マークロジック株式会社 カントリーマネージャー

[経歴]
日本におけるマークロジックの市場開拓、ビジネスディベロップメント、またパートナーや顧客のサポートを担当する。
前職はシリコングラフィックス、イー・トレード、ブルーマティーニ(日本法人代表取締役)など。
ソフトウェア開発ならびにwebテクノロジーに関して25年以上の経験を持ち、さまざまなエンジニアリング、コンサルティング、管理職を務める。
カーネギーメロン大学卒(コンピュータサイエンス専攻)。

 

About MarkLogic

MarkLogic helps customers create value from complex data faster. Our platform ingests data from any source, creating and refining metadata to support powerful models. Customers use these models for deep search and query, building enterprise applications and bringing unique insights to analytics and machine learning.

This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.