Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

MarkLogic: より良い世界を実現するテクノロジー

MarkLogicは、企業におけるデータ統合をシンプルにするテクノロジーを提供しています。これが私たちがやっていることです(そして他のどの会社よりもうまくやっています)。

なぜ私たちはこれをやっているのでしょうか? その答えを知るには、私たちのお客様のユースケースやストーリー、また複雑なデータ問題を解決し目標を達成するために、どのように私たちのテクノロジーが活用されているのかを確認していただくのがよいでしょう。それを知れば、MarkLogicは単なる「エンタープライズデータ統合用ソフトウェア」以上のものだとわかっていただけるはすです。MarkLogicは、より良い世界を実現するためのプラットフォームなのです。

より良い世界を実現するために、お客様がどのようにMarkLogicを使っているのか、3つの例を以下にご紹介します。

(1) 人間および動物のために、世界をより安全に

MarkLogicユーザーは、人間や動物を守るために、MarkLogicを使ってデータを統合し、サーベイランス/コンプライアンス/ガバナンスのアプリケーションを改善しています。以下に、MarkLogicのお客様がこれをどう行っているのか、いくつかの例をご紹介します。

  • 人間および動物を守るためのインテリジェンスを世界中でタイムリーに提供。MarkLogicが提供しているのは、データを解放し、より早くデータのインサイトが得られ、より多くの情報に基づいた意思決定ができるプラットフォームです。これはインテリジェンスコミュニティ(各国の情報機関)にとって理想的なテクノロジーです。例えば、米国国防技術情報センター(DTIC)は、MarkLogicを使って重要な情報を発見・共有可能にし、安全に管理することにより、イノベーションを促進し、戦闘員を保護しています。オランダのNGO、Sensing CluesはスマートIoTセンサーとMarkLogicを野生動物の密猟対策に使用しています。Sensing Cluesはデータの全体像を得ることで、制限地域にいつ人が入ったのかを確認できます。これにより保護レンジャーの状況認識が改善され、より素早く脅威に対応できます。

    Sensing Cluesの「Focus Data Explorer」のUI
  • より安全な労働環境を実現。世界最大手のエネルギー企業であるシェブロンは、従業員の安全と健康を守るため極めて多くのリソースを使っています。シェブロンは、MarkLogicを使って、従業員の知識を高め、安全性と生産性を向上させる上流および下流 のソリューションを作成しています。
  • 市場の透明性と個人情報のプライバシーを確保。規制は、企業にとって負担となる場合もありますが、個人(社員、国民、消費者など)の保護、また不法行為による環境破壊の防止を目的としています。MarkLogicは、規制順守をより容易にし、業務により効果的に反映できるようお手伝いします。規制(MiFID IIGDPRなど)に関してビジネスや個人に関する機密情報を安全に保存・共有できるソリューションを提供しています。

「変わり続ける規制要件には素早く対応できる必要があります。私たちがMarkLogicを採用したのは、ご存じのように取引データをリレーショナルデータベースで扱うことはとても難しいからです。またMarkLogicの多才なマルチモデルプラットフォームに興味を引かれました」

Jaap Boersma氏、ABNアムロ銀行、キャピタルマーケットソリューション担当主任アーキテクト

(2) 健康や幸福度の改善

MarkLogicユーザーは、データハブプラットフォームを活用することで、人命を救う医薬品の開発の加速や負担の少ない健康保険の提供など、数百万人の健康および幸福度を改善しています。多数の死者を出しているコロナウィルス(COVID-19)の感染拡大に対応し、MarkLogicデータハブサービス(DHS)を使って製薬のR&Dおよびケースのトラッキングに必要な情報を提供するアプリケーションも開発されています。

  • 全国民が負担の少ない健康保険に加入できるように。
    HealthCare.govポータル(MarkLogicを活用)

    HealthCare.govは、毎年数百万人のアメリカ人が、経済的な負担の少ない健康保険を選択・申し込みしているポータルです。政府による史上最大級の個人情報統合プロジェクトであるこのアプリケーションの基盤となっているのが、MarkLogicです。

  • より効率的なR&Dによる創薬の促進。ライフサイエンス業界のリーダーであるアッヴィおよびアムジェンは、MarkLogicデータハブを使ってデータを統合、発見、共有、活用することで、人命を救う医薬品の開発および提供における、コラボレーションの加速、効率性の改善、コスト削減、開発期間短縮を実現しています。

    MarkLogicの「統合コロナウィルスリサーチハブ」のUI
  • COVID-19の感染拡大を抑制。MarkLogicは、これまでにMarkLogic DHSに基づくベータ版のアプリケーションを2つ開発しています。1つめのアプリケーションは「近所レベル」の極めて狭い範囲でのCOVID-19発症ケースを表示するもので、自己申告の発症ケースをトラッキングします。2つめは、統合コロナウィルスリサーチハブで、コロナウィルスに関する20万件の記事や論文を研究者やデータサイエンティストが検索できる、一元化されたポータルです。

「MarkLogicによって、研究者へのデータ提供が競合他社より早く、廉価・正確になりました」

Phil Hajduk氏、アッヴィ、VP R&Dインフォメーションリサーチ

(3) 情報およびエンターテインメントの提供

現在、感染症による健康および経済的危機のなか、娯楽、情報提供、教育のコンテンツはこれまでになく重要になっています。MarkLogicの初期ユーザーの多くはメディア・エンターテインメント業界の企業でした。彼らはその後20年近くにわたってMarkLogicのテクノロジーを使い続けており、対象オーディエンスを楽しませると同時に、リスクやコストを削減しています。以下にいくつかの例をご紹介します。

  • 業務スキルや教育に関するコンテンツの提供による学習支援。 MarkLogicのルーツは、メディア、出版、教育(EdTech)業界にあります。シュプリンガー、ダウ・ジョーンズ、ラガルデール、ピアソンといったこの業界のリーダー企業が、MarkLogicのプラットフォームを使って適切なコンテンツを適切な人々に適切なタイミングで提供しています。
  • 製品改善に必要な情報を人や組織に提供する。理工系および医療系情報提供機関の多くIEEE, CABIBSiグループなど)は、MarkLogicを使って規格に関する豊かな情報や、より安全かつ効率的な製造や商行為に必要なベストプラクティスに、顧客や会員が簡単にアクセスできるようにしています。

    BBC iPlayer(MarkLogicを活用したコンテンツ)
  • よりパーソナライズされアクセスしやすいコンテンツ提供により、顧客体験を改善する。MarkLogicは、世界でも有数の巨大かつ有名なメディアおよびエンターテインメント企業(BBC、NBC、ディズニー、ワーナー・ブラザースなど)のアプリケーション内のコンテンツに活用されています。これらの大企業は、MarkLogicを使ってパーソナライズされたコンテンツの整理、キュレーション、提供を行い、顧客との結びつきを強めています。

「MarkLogicですべてのニーズを叶えることができました。その柔軟性により、私たちはSNL(「サタデーナイトライブ」)に特化した予測分析エンジンを構築できました。その結果、SNLアプリケーションのユーザーは名作『コーンヘッズ』『ランドシャーク』『チアリーダー』の素晴らしいコンテンツを発見/閲覧/共有できるようになりました」

Michael Martin氏、NBCエンターテインメントデジタル、製品・技術・オペレーション担当SVP

MarkLogicが選ばれる理由

世界中の民間企業および公共機関が、以下のような理由でMarkLogicを採用しています。

  • テクノロジー – MarkLogicデータハブは、 ハイブリッドクラウドコンピューティング用の、最も柔軟かつ信頼性の高いデータプラットフォームであり、エンタープライズデータを素早く統合かつキュレーションしてアジリティを改善し、新しいビジネスバリューの創出を加速するのに最適です。
  • サービス – MarkLogicは、ビジョンの実現や、お客様における私たちのテクノロジーへの投資から最大限の価値が得られるように、献身的にお手伝いします。このミッション実現のために、MarkLogicはコンサルティングトレーニング24時間体制でのエンジニアリングサポートを提供しています。
  • 人材 – エンタープライズNoSQL技術のパイオニアとして、MarkLogic社員は経験豊富で考え方が前向きです。また「カスタマーサクセス」の文化があり、お客様の成功なくしては自分たちの成功もないと考えています。「コミュニティへの還元(お返し)」も私たちの文化の重要な一部であり、他の人々を助けるボランティアは、社内で高く評価されます。

これらの組織がMarkLogicを使ってどのように世界的なアプリケーションを構築し、データの可能性を解放したのかについてさらに知りたい場合は、jp.marklogic.comの顧客事例ページをご覧ください。

みなさまの組織におけるデータ統合実現に関する具体的なアプローチについてご相談いただければと思います。ぜひ私たちにご連絡ください

Ed Downs - Solutions Marketing Manager | MarkLogic

Ed Downs is responsible for customer solutions marketing at MarkLogic. He draws on his considerable experience, having delivered large-scale big data projects and operational and analytical solutions for public and private sector organizations, to drive awareness and accelerate adoption of the MarkLogic platform.

Start a discussion

Connect with the community

STACK OVERFLOW

EVENTS

GITHUB COMMUNITY

Most Recent

View All

Digital Acceleration Series: Powering MDM with MarkLogic

Our next event series covers key aspects of MDM including data integration, third-party data, data governance, and data security -- and how MarkLogic brings all of these elements together in one future-facing, agile MDM data hub.
Read Article

Of Data Warehouses, Data Marts, Data Lakes … and Data Hubs

New technology solutions arise in response to new business needs. Learn why a data hub platform makes the most sense for complex data.
Read Article

5 Key Findings from MarkLogic-Sponsored Financial Data Leaders Study

Financial institutions differ in their levels of maturity in managing and utilizing their enterprise data. To understand trends and winning strategies in getting the greatest value from this data, we recently co-sponsored a survey with the Financial Information Management WBR Insights research division.
Read Article
This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.