Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

MarkLogicが2016年ガートナーのマジック・クアドラントで次世代データベースのチャレンジャーとして位置づけられる

作り出されるデータの量は強大かつ急速に増え、世界中の企業や組織が活用できる様になってきましたが、同時に大きな課題にもなり、そして、機会を生み出してもいます。このようなデータを上手く活用して顧客や消費者に貢献する企業や組織が勝ちます。明白なことです。何十年もの間、市場をリードしてきたリレーショナルデータベース技術は、もはやその答えではありません。

その理由で私たちは、オペレーショナルデータベースマネージメントシステム市場向け2016年ガートナーマジック・クアドラントにおいて、MarkLogicが次世代のデータベース技術であるNoSQLとしてチャレンジャーに位置づけられたことに、とりわけ満足しているのです。

MarkLogicは最も高い「実行力」を持つとしてチャレンジャー・クアドラントに位置づけられました。製品に対する弊社のフォーカスと明確なビジョンが選定の理由と信じています。数十年来の問題であるサイロ化された情報の統合を、従来のETLツールなしで実現するという私たちの取り組みによって、現在そして将来の市場における問題を解決し、業界トップの企業にご採用いただけるようになっています。

どのような業界においても、新しい技術は古いものを置き換えるように拡大し、世界における経済力と効率性を促進します。そのような時代の変化は、実質的にほぼすべてのデータベース関連分野に到来しています。そこにはよく話題となるビッグデータも含まれます。データベース業界は、従来のリレーショナルデータベース技術からNoSQLへの大きな時代の変化を迎えています。

MarkLogicは自らが求めていたポジションにいます。つまり、データの保管、発見、検索、利用、共有に関する革新的な変化のリーダーとなっているのです。私たちは、分断されたデータサイロに含まれていたデータを統合します。もし統合されていなければ、企業や組織は膨大な量のデータを保有していても、効率よく、早く、コスト効率よくそのデータを使うことはできません。現在、広く普及しているリレーショナルデータベース技術は、データサイロの問題を解決するために作られたものではありません。しかし私たちはこの問題を解決できます。私たちの案件の半分以上が、Oracleで失敗したプロジェクトを完了させるためのものであるのはこのためです。

MarkLogicはすべての機能がエンタープライズ仕様になっています。政府レベルのセキュリティ、完全なトランザクションサポートなど、企業は必要とされる次世代のデータベース技術を活用できます。

今日の企業や組織は全データによる全体像(360度ビュー)を求めているため、データの量、頻度、種類が常に増えています。NoSQLデータベースでは、より簡単に構造化と非構造化データを取り込むことができ、データ管理の改善に必要な時間とコストを削減できます。

つまり、次世代のNoSQLデータベースは今日の(過去のではなく)データ課題を解決するために作られています。そしてMarkLogicは、展開していくデータ革命のリーダーとなっているのです。

ガートナーのレポートをここをクリックしてご一読ください。


ガートナー社、「2016 Magic Quadrant for Operational Database Management Systems(2016年オペレーショナルデータベース管理システム部門のマジッククアドラント)」、Donald Feinberg、Merv Adrian、Nick Heudecker、Terilyn Palanca、Rick Greenwald共著、2016年10月5日発行

ガートナーは、調査報告書に記載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものありません。また、最高評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーの調査報告書は、ガートナーの調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーはこの調査に関して、商品性や特定目的への適合性についての保証を含め、明示または黙示を問わず、一切の保証を行うものではありません。

 

Chief Executive Officer

Calling upon his extensive executive experience at Oracle and Veritas, Gary Bloom leads MarkLogic as the preeminent NoSQL database for the Enterprise. During his 14-year tenure as an executive at Oracle, Gary helped organizations make the generational shift from mainframe to relational technology.

Likewise, as CEO of MarkLogic, he is driving another industry shift by spearheading solutions to the global challenge of aggregating and managing data from disparate sources and transforming that data into valuable information. Gary is a highly respected thought leader who influences organizations to reimagine how data can and will change the future of business and application development.

Prior to MarkLogic, Gary was CEO and president at eMeter, which was acquired by Siemens Corporation. Before that, he was a consultant of TPG, a leading global private investment firm. Gary was also the vice chair and president of Symantec Corporation, where he led the company’s line of business organizations and the company’s corporate development efforts. He had joined Symantec through the company’s merger with Veritas Software where he was the chairman and CEO. Before joining Veritas, Gary held senior executive positions at Oracle. During this time, Gary led Oracle’s database business, worldwide marketing,support, education, and alliance organizations, and was responsible for mergers and acquisitions.

Gary earned his Bachelor’s Degree in Computer Science from California Polytechnic State University San Luis Obispo.

Start a discussion

Connect with the community

STACK OVERFLOW

EVENTS

GITHUB COMMUNITY

Most Recent

View All

Digital Acceleration Series: Powering MDM with MarkLogic

Our next event series covers key aspects of MDM including data integration, third-party data, data governance, and data security -- and how MarkLogic brings all of these elements together in one future-facing, agile MDM data hub.
Read Article

Of Data Warehouses, Data Marts, Data Lakes … and Data Hubs

New technology solutions arise in response to new business needs. Learn why a data hub platform makes the most sense for complex data.
Read Article

5 Key Findings from MarkLogic-Sponsored Financial Data Leaders Study

Financial institutions differ in their levels of maturity in managing and utilizing their enterprise data. To understand trends and winning strategies in getting the greatest value from this data, we recently co-sponsored a survey with the Financial Information Management WBR Insights research division.
Read Article
This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.