We’ve joined forces with Smartlogic to reveal smarter decisions—together.

MarkLogicが2016年ガートナーのマジック・クアドラントで次世代データベースのチャレンジャーとして位置づけられる

作り出されるデータの量は強大かつ急速に増え、世界中の企業や組織が活用できる様になってきましたが、同時に大きな課題にもなり、そして、機会を生み出してもいます。このようなデータを上手く活用して顧客や消費者に貢献する企業や組織が勝ちます。明白なことです。何十年もの間、市場をリードしてきたリレーショナルデータベース技術は、もはやその答えではありません。

その理由で私たちは、オペレーショナルデータベースマネージメントシステム市場向け2016年ガートナーマジック・クアドラントにおいて、MarkLogicが次世代のデータベース技術であるNoSQLとしてチャレンジャーに位置づけられたことに、とりわけ満足しているのです。

MarkLogicは最も高い「実行力」を持つとしてチャレンジャー・クアドラントに位置づけられました。製品に対する弊社のフォーカスと明確なビジョンが選定の理由と信じています。数十年来の問題であるサイロ化された情報の統合を、従来のETLツールなしで実現するという私たちの取り組みによって、現在そして将来の市場における問題を解決し、業界トップの企業にご採用いただけるようになっています。

どのような業界においても、新しい技術は古いものを置き換えるように拡大し、世界における経済力と効率性を促進します。そのような時代の変化は、実質的にほぼすべてのデータベース関連分野に到来しています。そこにはよく話題となるビッグデータも含まれます。データベース業界は、従来のリレーショナルデータベース技術からNoSQLへの大きな時代の変化を迎えています。

MarkLogicは自らが求めていたポジションにいます。つまり、データの保管、発見、検索、利用、共有に関する革新的な変化のリーダーとなっているのです。私たちは、分断されたデータサイロに含まれていたデータを統合します。もし統合されていなければ、企業や組織は膨大な量のデータを保有していても、効率よく、早く、コスト効率よくそのデータを使うことはできません。現在、広く普及しているリレーショナルデータベース技術は、データサイロの問題を解決するために作られたものではありません。しかし私たちはこの問題を解決できます。私たちの案件の半分以上が、Oracleで失敗したプロジェクトを完了させるためのものであるのはこのためです。

MarkLogicはすべての機能がエンタープライズ仕様になっています。政府レベルのセキュリティ、完全なトランザクションサポートなど、企業は必要とされる次世代のデータベース技術を活用できます。

今日の企業や組織は全データによる全体像(360度ビュー)を求めているため、データの量、頻度、種類が常に増えています。NoSQLデータベースでは、より簡単に構造化と非構造化データを取り込むことができ、データ管理の改善に必要な時間とコストを削減できます。

つまり、次世代のNoSQLデータベースは今日の(過去のではなく)データ課題を解決するために作られています。そしてMarkLogicは、展開していくデータ革命のリーダーとなっているのです。

ガートナーのレポートをここをクリックしてご一読ください。


ガートナー社、「2016 Magic Quadrant for Operational Database Management Systems(2016年オペレーショナルデータベース管理システム部門のマジッククアドラント)」、Donald Feinberg、Merv Adrian、Nick Heudecker、Terilyn Palanca、Rick Greenwald共著、2016年10月5日発行

ガートナーは、調査報告書に記載された特定のベンダー、製品、サービスを推奨するものありません。また、最高評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーの調査報告書は、ガートナーの調査機関の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーはこの調査に関して、商品性や特定目的への適合性についての保証を含め、明示または黙示を問わず、一切の保証を行うものではありません。

 

Chief Executive Officer

Gary Bloom was the CEO of MarkLogic from 2012-2020.

Start a discussion

Connect with the community

STACK OVERFLOW

EVENTS

GITHUB COMMUNITY

Most Recent

View All

Unifying Data, Metadata, and Meaning

We're all drowning in data. Keeping up with our data - and our understanding of it - requires using tools in new ways to unify data, metadata, and meaning.
Read Article

How to Achieve Data Agility

Successfully responding to changes in the business landscape requires data agility. Learn what visionary organizations have done, and how you can start your journey.
Read Article

Scaling Memory in MarkLogic Server

This not-too-technical article covers a number of questions about MarkLogic Server and its use of memory. Learn more about how MarkLogic uses memory, why you might need more memory, when you need more memory, and how you can add more memory.
Read Article
This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.