We’ve joined forces with Smartlogic to reveal smarter decisions—together.

Blog

Everything From Data Tips and NoSQL Best Practices to Industry Specific Insights

June 21, 2022
米国カリフォルニア州サンカルロス – 2022年3月29日 – 複雑なデータ統合のリーダーであり、ベクターキャピタルのポートフォリオ企業であるMarkLogic Corporationは、本日、米国防総省のJAIC(Joint Artificial Intelligence Center)の新規プロジェクトであるデータ準備AI開発(2億4000万ドル規模)の一部を受注したと発表しました。 MarkLogicの公共部門チームが受注した基本発注契約は、AIによる国防総省全体の改革を加速するためのものです。 MarkLogicはJAICと連携し、適切なAIユースケースの特定、機能の開発、国防AIマーケットプレイス全体におけるデータ活用の拡大を支援します。具体的には、業界リーダーであるMarkLogicの技術により、AI用にデータを準備する際の複雑な技術課題の解決のためにデータへの容易なアクセスを提供することで、国防総省のAIアプリケーション用にデータを準備します。 MarkLogicのCEOであるジェフリー・カサーリは次のように述べています。「今回の契約において『我が国にとって最も重要な国家安全保障に関する複雑なデータ課題の解決には、MarkLogicの機能が重要である』と米国政府に認識していただいたと考えています。米国防総省統合参謀本部の優位性をさらに拡大するために、データ準備を改善し、AIおよびMLに基づく能力の提供を加速することで、AIの取り組みを支援できることを楽しみにしております。」 このプライム契約において、MarkLogicは以下のような業務に取り組みます。 米国防総省や米国政府指定のAIデータ/メタデータ標準に従って、AIデータをキュレーションし、準備する。 米国防総省や米国政府指定のセキュリティ手法および標準に従って、AIデータを格納時においても保護および暗号化する。 第三者のAIデータサイエンスおよびAI開発活動を支援するために、データキュレーションおよびデータ準備支援活動を実施し、新規または既存の国防総省または政府のプラットフォーム上のデータセットにアクセスできるようにする。 MarkLogicは「データが理解の鍵である」という認識に基づいて構築されています。MarkLogicプラットフォームでは、あらゆるソースからデータを読み込み、強力なモデルに使えるようメタデータの作成・調整を行います。MarkLogicのミッションは、データの所有者および利用者のミッション実現やデータ運用において、効果的かつ効率的にデータを管理、活用、保護できるようにすることです。 カサーリは次のようにも述べています。「JAICにおけるデータ準備の取り組みにおいて、MarkLogicを選んでいただけたことを私たちは大変誇りに思っています。今後もAIの倫理原則順守を継続的に支援させていただけることを楽しみにしております。国防総省の選択により、MarkLogicはJAICの戦略的パートナーとなったのです。」 MarkLogicについて MarkLogicを利用すると、より短期間でコンプレックスデータから価値を創出できます。MarkLogicプラットフォームでは、あらゆるソースからデータを読み込み、強力なモデル用にメタデータの作成・調整を行います。これらのモデルを高度な検索やクエリに使用したり、エンタープライズアプリケーションを構築したり、分析や機械学習にユニークなインサイトをもたらすことができます。 ベクターキャピタルについて ベクターキャピタルは、サンフランシスコに拠点を置くプライベートエクイティの世界的リーダーです。テクノロジー自体およびテクノロジーに基づくビジネスに対する変革的投資にフォーカスしています。1997年の設立以来、大学基金、財団、金融機関といったさまざまな投資家からの約40億ドルの資金を、プライベートエクイティおよびクレジット戦略において扱っています。ベクターキャピタルは、規律ある評価アプローチと深く根付いた運用経験により、競争力のあるリターンを生み出し、約25年にわたる実績を確立しています。詳しくは、 www.vectorcapital.comをご覧ください。
June 21, 2022
シリコンバレーがHealthCare.gov(「オバマケア」ウェブサイト)を救ったという話は、誰もが耳にしたことがあるでしょう。しかし、シリコンバレーに本社を置く世界的なテクノロジー企業であるMarkLogicが、システム本番稼働の2年前に、このウェブサイト救済の基礎を築いたという話はあまり知られていません。1000万人以上の米国民が医療保険を申し込んだこの重要かつ巨大なシステムにおいて、なぜMarkLogicが採用されたのか、その理由をご確認ください。
May 27, 2022
多くの企業において、トランザクションのリコンサイルには賢い人々から成るチームがスプレッドシートを使って対応してきました。しかしこれでは作業をうまく拡張できませんし、新たなリスクを生み出す原因ともなっています。
April 21, 2022
MarkLogicの「ヘルスケアスターターキット」(HSK)は、ヘルスケアデータの統合、クエリ、検証、マスタリング、提供に関して、すぐにご利用頂けるツールキットです。
April 4, 2022
セマンティックナレッジグラフによって、組織的知識の共有が全社規模で実現されます。しかしその際にはリアルなデータの利用が必須です。
March 16, 2022
データを関係づけるのに最も適しているのはデータファブリックやデータメッシュなのでしょうか。このブログでは、データアジリティ実現に関するインサイトをご紹介します。
March 14, 2022
分析基盤に投資した企業は「知識(ナレッジ)の壁」にぶつかっています。これが発生する理由とセマンティックグラフによる解決策をご紹介。
January 21, 2022
ビジョナリーたちはデータアジリティの実現方法を発見し「アクティブなメタデータ」を活用しています。本ブログではそのパターン(方法論)をご紹介します。
December 26, 2021
ガートナーは、クラウドDBMSのマジック・クアドラントにおいてMarkLogicをビジョナリーに位置付けています。MarkLogic社の戦略担当副社長であるチャック・ホリスがMarkLogicおよびそのユーザー企業にとって「ビジョナリー」が何を意味するのかをご紹介します。
December 16, 2021
インターネット全体に影響を及ぼしているLog4jの脆弱性による、MarkLogic環境への影響の可能性についてお答えします。
This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.