We’ve joined forces with Smartlogic to reveal smarter decisions—together.

MarkLogicファーマリサーチハブのご紹介

MarkLogicは、ファーマリサーチハブのリリースを発表いたしました。

この新製品は、情報へのアクセスの制約、柔軟性のないデータレイク、機械学習やAIの活用の困難さなど、数十年にわたって製薬会社のR&Dプロセスや新製品の進歩を阻害してきたデータに関する重要な課題を解決するために開発されました。

製薬業界向けリサーチハブは、多様なR&Dデータへのアクセスを実現することにより、このような課題を解消します。記事、化学物質、競合分析など、構造化/非構造化、パブリック/プライベートに関わらず、ファーマリサーチハブではあらゆるデータを使用することができます。

MarkLogicがプラットフォームとして魅力的なのは、すべてのデータの保管場所を変更する必要がないという点です。こうしたサイロのデータをすべて集約して連携させ、共通のエンタープライズ検索技術として一元化できるのです。”

Philip Hajduk

情報調査副社長、アッヴィ

効率的なR&Dを妨げるもの

製薬企業のR&Dを支えるIT部門が直面している大きな課題は、パッチワーク的なインフラストラクチャによって、データを分離させてアクセスを制限するデータサイロが生じることです。製薬会社は、何十年にも及ぶ研究や臨床治験情報など、膨大なデータセットを活用する必要があります。アクセスと情報を適切に管理しなければ、製薬会社がスピーディに結果を出し、開発コストを削減することは困難です。

データサイロは、製薬会社のR&Dにおける隠れたギャップや複雑さを、見えづらく分かりづらいものにします。多くの研究チームは、「何を知らないかが分からない」という気の滅入る状況に日々陥っています。さらに、形式も出所もさまざまなデータの結合や分析は多くの場合困難で、不可能なこともあるため、サイロによって無用の障害が増えることになります。関連付けられていない情報を最新の状態に保つことはできないため、当然ながらデータの整合性に対する信頼性は低くなります。

調査にはコラボレーションが不可欠ですが、データインフラストラクチャが複雑で断片化されているため、研究者はナレッジを組織内外で共有できずにいます。また、共有オントロジーなどのパブリックなナレッジベースを構築するためにコラボレーションしても、共有されたナレッジを競争力のある強みに変えることができた例はほとんどありません。

しかし、このファーマリサーチハブの革新的なアプローチとアジャイルな次世代データ技術を活用すれば、データ面の課題が医薬品の発見と開発の妨げとなることはもうありません。

R&D促進のための高度な機能

ファーマリサーチハブはR&Dデータ向けの強力な機能を提供し、ナレッジの発見と高度なコラボレーションを実現します。最大で10倍高速な医薬データの統合により、より確実に、より短期間でR&Dによる製品を市場に投入することができます。

MarkLogic Pharma Research Hub

ハブが研究者に提供する機能は次のとおりです。

  • スピーディな製薬データセットの読み込み
    MarkLogicには、どのような製薬データでも読み込むことができます。発行物、著者、薬、調合、対象、および遺伝子などから始めて、いつでも簡単に規模を拡大できます。研究に関連するデータを最大で10倍高速に読み込み、調整することができます。
  • 関係性を視覚化し、新たな関係性を発見
    MarkLogicのマルチモデルデータベースなら、データ間のあらゆる関係性を視覚化できるだけでなく、新たな関係性を発見することも可能です。データ固有の関係性をすべて活用して、データの関係性のグラフを表示、移動、検索できます。研究者と、その他の機関、出版物、研究者がどのように関連しているかを確認できます。
  • 完全にカスタマイズされた検索結果
    重み付け、関連度スコア、例外を調整することで検索結果をカスタマイズできます。IT部門にチケットを上げることなく、R&D部門自身でカスタマイズを行えるため、高度な検索機能を十分に活用して、結果を得るまでの時間を短縮できます。
  • AIと機械学習の活用
    MarkLogicのSmart Mastering機能により、検索結果を改善して、より高品質なデータを得ることができます。データのエクスポートに品質ルールを適用することで、ファーマリサーチハブの外部にある生物情報科学向けAIと機械学習システムを強化することも可能です。

信頼性の高いエンタープライズプラットフォーム

ファーマリサーチハブは、MarkLogic® データベースを基盤としています。MarkLogicのアジャイルなNoSQLシステムは、マルチモデルアプローチによりデータ、ビルトインの検索機能、エンタープライズレベルの拡張性を提供します。ハブのスコープは、小規模なデータセットからペタバイトまで対応可能です。信頼性と可用性に優れ、世界中の何千という企業に採用されており、データ整合性100%実現の実績があります。

ハブは、シンプルで整合性を備えたデプロイメントオプションを提供する、自動化クラウドサービスであるデータハブサービスにより実現されています。製薬会社は、独自のインフラストラクチャを購入または管理することなく、即座にデータをクラウドに移すことができるため、ITチームの工数を削減できます。

すぐに利用できる

MarkLogicは、世界最大手の製薬企業5社において、リサーチハブをローンチしてきました。ファーマリサーチハブは、MarkLogicが積み重ねてきた実績の成果です。製薬業界についての経験とMarkLogicの専門知識を組み合わせることで、このデータハブが実現しました。

最後に:製薬業界のMarkLogicのお客様は、カスタム開発のITソリューションを構築する煩わしさから解放され、人の命を助けるための処置や画期的な新薬の開発に、より多くの力を注ぐことができるようになりました。


詳細はこちら

ファーマリサーチハブの詳細については、以下をご覧ください。

 

VP Vertical Strategy and Global CSO Healthcare & Life Sciences | MarkLogic

Bill Fox JD, MA is the VP of Vertical Strategy and the Global CSO of Healthcare and Life Sciences at MarkLogic. He is a former attorney and healthcare executive with 25 years of experience and is a nationally recognized thought leader in healthcare predictive analytics, big data, program integrity and data security and privacy.

Bill serves on the HIMSS Health Business Solutions Taskforce and Business Edge Magazine, the thought leaders panel of Predictive Modeling News, and the Board of Directors of the Medical Identity Fraud Alliance.

He is a prior appointee to the Strategic Planning Committee of the National Healthcare Anti-Fraud Association and is a former Senior Fellow at the Jefferson School of Population Health. He has held healthcare leadership positions at Emdeon, Booz Allen Hamilton, and LexisNexis. He is the former Deputy Chief of Economic and Cyber Crime at the Philadelphia District Attorney's Office, Special Assistant United States Attorney for the Eastern District of Pennsylvania and law firm partner. Bill is a graduate of Temple University Graduate School and the Villanova School of Law.

Start a discussion

Connect with the community

STACK OVERFLOW

EVENTS

GITHUB COMMUNITY

Most Recent

View All

Facts and What They Mean

In the digital era, data is cheap, interpretations are expensive. An agile semantic data platform combines facts and what they mean to create reusable organizational knowledge.
Read Article

Truth in ESG Labels

Managing a portfolio of investments for your client has never been simple - and doing so through an ESG lens raises the complexity to an almost mind-boggling level. Learn the signs your team has hit the wall with current tools - and how a semantic knowledge graph can help.
Read Article

4 Signs You’ve Got a Transaction Reconciliation Challenge

Many firms manage transaction reconciliation using smart people armed with spreadsheets - but that doesn't scale well. Learn what to look for, to know if you're creating new forms of risk for your firm.
Read Article
This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.