Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

カスタマー360:先進的な企業がデータハブを利用する理由

このシリーズのパート1では、CRMなどの業務で活用可能な統合顧客データを作成するには、カスタマー360が必要な理由を説明しました。今回は、カスタマー360を構築するにあたって、データハブが適切なプラットフォームである理由を説明します。またリーダー企業がMarkLogicデータハブの導入により「360ビュー」(全体像)を獲得することで、顧客データ管理や分析、アプリケーション開発を改善した例をご紹介します。

カスタマー360にデータハブを利用する理由

データハブは、データアーキテクトやエンジニアによる既存および新規のあらゆるデータタイプやモデルの統合を加速できるプラットフォームです。また、情報の発見/インサイト/アプリケーション開発の改善に必要なキュレーション済みデータを安全に提供できます。きちんとキュレーションされガバナンスが効いたデータは、AIプロジェクト(「カスタマーサービスのチャットボットには自然言語処理が必要」など)を成功させるうえで重要です。

多くの組織は長年にわたって、CRMシステム用のデータ管理および分析機能のために、さまざまな技術(データウェアハウス、データマイニング、マスターデータ管理ソフトウェアなど)に投資してきました。こういったこれまでの投資は、多くの組織において散在する多種多様なデータソースやデータ構造を効率的に統合し一元的に管理するには、最適ではなかったことが証明されています。

従来のテクノロジーの限界を克服する

このような専用のエンジンやツールの寄せ集めのアーキテクチャでは、データの変換や検索にさらに多くの時間やリソースがかかってしまい、データアセットから顧客の新しいインサイトや価値を生み出すための時間が少なくなってしまいます。データの種類や頻度が増加する現在、データウェアハウス、データレイクといった専用テクノロジーの限界により、ITが複雑になり、リスクや開発生産性の阻害要因が増加しています。

従来の技術に起因する制約を打破するために、リーダー企業はデータハブを導入しています。MarkLogicデータハブは一元化されたプラットフォームであり、マルチモデルデータベースの持つ柔軟性と、すべての顧客関連データをキュレーションし、データのガバナンスや使い勝手を改善するのに必要な包括的な機能が融合されています。このため、顧客のデータおよびメタデータの360ビュー(全体像)を実現するために最適なプラットフォームとなっています。

将来を見据えた企業は、クラウドデータハブに投資しています。これは、データ統合のシンプル化、ガバナンスの改善、DevOpsの合理化により、カスタマーインサイトやアプリケーションの提供を促進しながら、ITの複雑さやデータインフラの総コストを削減するという直近および長期的なテクノロジーのニーズに応えるためです。

CRMを成功させるためにMarkLogicを活用

幸いにしてMarkLogicには、将来を見据えたお客様(ユーザー)がいます。彼らは自分たちの顧客(クライアント、会員、保険加入者、患者、住民など)に対して現在および将来にわたって価値を提供するにあたって、データハブが役立つことを理解しています。ここではいくつかの例をご紹介します。

急速なビジネストランスフォーメーションを促進するため顧客の360ビューを構築

ALMはB2Bの情報/メディア会社ですが、成長を持続するには業務を素早く変革しなくてはならないことを認識していました。ALMはこういった変革を実現するために、新規コンテンツ提供による収益機会獲得のために顧客の360ビューを構築しました。MarkLogicプラットフォームにより、ALMは商品のカスタマイズ、新規コンテンツ提供による収益機会の拡大、顧客の全体像を把握するための他のデータとの関連付けなどによりコンテンツビジネスを成長させることができました。

顧客データの360ビューを活用したイノベーティブなアプリケーションの構築

ハノーバー再保険hr | ReFlexアプリケーションは自動アンダーライティングシステムで、接客している間にリスクに関する判断ができます。このクラウドベースのアプリケーションはMarkLogic上で稼働しており、データを統合することで重要な顧客情報(正確、包括的、最新の)の360ビューを提供します。

80万人の保険加入者の公共医療サービスを改善

米国の各州における保険福祉局(HSD)の使命は、保険および福祉サービスの受給資格がある人々がちゃんとこれらを利用できるようにするということです。ある州のHSDでは、受給者へのサービスや結果の改善を促進するために「ステークホルダーセントリック」なシステムを提供しています。こういった変革の目標を実現するために、HSDはMarkLogicを選択し、住民/医療提供者/病院に関する安全/包括的/活用可能な360ビューを、新しい医療分析や統合的な患者管理/受給資格/内容確認などで利用しています。

顧客情報管理プラットフォームにより保険加入者のエクスペリエンスを改善

フォーチュン500のこの損害保険会社は、これまでにカスタマーエクセレンスアワードを何度も受賞しており、長年MarkLogicを利用しています。データアーキテクチャのモダナイズ、顧客データの360ビューの作成、保険のオリジネーション/確認/請求の管理を実現するためにデータハブを導入しています。

競争力のあるアセット&ウェルスマネジメントソリューションの実現

世界有数のアセット&ウェルスマネジメント企業はクライアントが要求する次世代のデジタル商品およびサービスの構築に苦労していました。ITインフラの統合がきちんとできておらずデータも分断されていたためです。彼らはMarkLogicを使用することで、顧客/ポートフォリオ/トランザクションデータのすべてに関する統合された360ビューを実現することで、アセット&ウェルスマネジメントの顧客に対して競争力のあるソリューションを提供できるようになりました。

さらに詳しく

カスタマー360(あるいは何らかの360)を実現するには、適切なテクノロジーを選択する必要があります。MarkLogicデータハブによるカスタマー360の適切な開発アプローチを考慮するうえで役に立つリソースを、以下にご紹介します。

 

Ed Downs - Solutions Marketing Manager | MarkLogic

Ed Downs is responsible for customer solutions marketing at MarkLogic. He draws on his considerable experience, having delivered large-scale big data projects and operational and analytical solutions for public and private sector organizations, to drive awareness and accelerate adoption of the MarkLogic platform.

Start a discussion

Connect with the community

STACK OVERFLOW

EVENTS

GITHUB COMMUNITY

Most Recent

View All

Digital Acceleration Series: Powering MDM with MarkLogic

Our next event series covers key aspects of MDM including data integration, third-party data, data governance, and data security -- and how MarkLogic brings all of these elements together in one future-facing, agile MDM data hub.
Read Article

Of Data Warehouses, Data Marts, Data Lakes … and Data Hubs

New technology solutions arise in response to new business needs. Learn why a data hub platform makes the most sense for complex data.
Read Article

5 Key Findings from MarkLogic-Sponsored Financial Data Leaders Study

Financial institutions differ in their levels of maturity in managing and utilizing their enterprise data. To understand trends and winning strategies in getting the greatest value from this data, we recently co-sponsored a survey with the Financial Information Management WBR Insights research division.
Read Article
This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.