Gartner Cloud DBMS Report Names MarkLogic a Visionary

MarkLogicは、ブローアリサーチによる最新の市場レポート「(クラウド)データ管理(プラットフォーム)」において「チャンピオン」に位置付けられました。

このレポートは、プラットフォームプロバイダー13社を各種機能(データ移動、データの質、データカタログ、データガバナンス、データのプライバシー、アーキテクチャ、自動化、プラットフォーム統合)に基づいて評価しています。

MarkLogicはこれらの評価カテゴリすべてを満たしているため、「チャンピオン」として位置付けられていますが、さらにこのレポートでは、他の補完的な機能(マスタリング、データの準備、グラフなど)についても言及されています。これだけでなく、MarkLogicは本レポートで取り上げられている多くのトレンドをリードしています(このため「イノベーション」においても高い評価を受けています)。

MarkLogicはどのように市場を牽引しているのか

このレポートにおいて特筆すべきなのは、MarkLogicが市場のトレンドをどのように牽引しているのかについてのブローアの見解です。そのなかからいくつかの例を挙げておきます。

クラウドへの移行を促進

クラウドへの大移行時代において特定のクラウドネイティブの機能(サーバーレス機能、弾力的な拡張・縮退、従量課金)が特に重要だとされていますが、これらの機能はすべてMarkLogicに備わっています。そのなかでも、「リソース別に拡張できる機能」は他社にはないMarkLogic独自のものです(分析ワークロードは業務ワークロードとは別個に拡張可能です)。また、クラウドのコストは小さく、予測も可能です(無料のバースティングおよび貯めたクラウドクレジットを利用できます)。

データの統合

ブローアは「データ統合はあらゆるクラウドデータ管理戦略において中心的かつ不可欠であり、その重要性はさらに増している」という重要なトレンドが見られるとしています。これにはMarkLogicも注力してきています。

従来であれば別々に扱われたETLやデータウェアハウスの機能を、MarkLogicはアジャイルなモデルドリブンなやり方でデータハブとして統合しています。ブローアは以下のように述べています。

  [モデルドリブンアプローチは] ETLやELTよりもかなり優れています。特に従来のツールによく見られるデータフローの増殖を抑制できるからです。

プラットフォーム統合

ブローアは統合がますます重要になってきていることを、「データ管理プラットフォームにおける製品群の統合」と「外部との統合(=総合運用性)」という2つの観点から取り上げています。

このレポートで言及されている他の会社では、「プラットフォーム」的なものを実現するために複数の異なる製品を一緒に使用しています。一方、MarkLogicは一つに統合されたプラットフォームであることが他社とは違います。これは私たちが数十年にわたって、「部分の寄せ集め」ではなく一つの全体として動くような製品を構築してきた結果です。同様にMarkLogicはオープンAPIおよびコネクタもサポートしています。これはクラウドエコシステムにおいて、スタンダードベースの「オープンクラウドアーキテクチャ」に容易に導入できるようにするためです。

メタデータおよびナレッジグラフ

7年前にセマンティックグラフ機能の提供が開始されて以来、MarkLogicのユーザーは、これをメタデータ管理およびデータガバナンスとインテリジェンス対応の秘密兵器として、ますます利用してきています。他のベンダーもこれに同調し、グラフ機能を追加してきています。しかしながらこの分野におけるMarkLogicの大きな優位性は変わりません。この機能については、ブローアの「グラフデータベース市場における比較」レポートにおいて詳細に取り上げられています。

レポートをダウンロードする

比較レポートをダウンロードしてお読みいただくことにより、クラウドデータプラットフォーム市場の理解が深まります。また、MarkLogicとそのスコアの詳細を確認いただける「Bloor InBrief」もご覧いただけます。

ここをクリックして、ブローアの比較レポートとそれに関連するInBriefを入手してください。

This website uses cookies.

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.